トップへ

今後の取り組み

From Now On きずなはうすの今後の取り組み

「つながりとやすらぎ」という合言葉のもと、活動領域を広げていくきずなはうすが次に取り組むのは「農業」というテーマです。
きずなはうすでは「地域資源を活用した6次産業化の展開」を考えており、様々な人々がそれぞれに役割を持って働き、暮らしていけるような仕組みの構築を目指します。
福祉、介護、医療、農林漁業、IT産業、輸出産業、食品産業、観光産業、エネルギー産業、などそれぞれを独立して考えるのではなく、大きな視点の中でそれぞれが連携をしながら、それぞれの成長を目指し、その結果、子どもも大人も、男性も女性も、健常者も障がい者も、様々な人が分け隔てなく役割を持って働き暮らしていた時代の価値観に立ち戻って、個人と家族と地域が手を取り合い、生活も仕事も同じ環境の中に共存しているような社会を今一度呼び戻す事がきずなはうすの次なる使命だと考えます。

暮らしと仕事持続可能な社会へ

「あなたの人生に彩りを感じられる」そんな社会に少しでもなるよう、社会の中に一つで多くそんな場所を作り出せるように支援をすることで多様性に富んだコミュニティを形成する活動を今後展開していきます。

1次・2次・3次産業の連携、その人に合った生き方ができる社会