トップへ

相談支援

About 相談支援とは

どんな人でも、心から望む生活を手に入れるためにはいろいろな課題が発生します。そのような課題と向き合うために重要になるのがサービス等利用計画の作成とその定期的な見直しです。
サービス等利用計画とは、本人やその家族が理想とする生活イメージを基に、福祉や医療のサービスをコーディネートする企画書のようなものです。そして、相談支援とは、利用計画についての相談や計画作成の支援が必要な場合に、ケアマネジメントによってきめ細かくお手伝いするものです。障がいがある人の自立した生活を支え、課題の解決や適切なサービス利用に向けて、計画の作成と見直しを行います。

きずなはうすでは、児童の支援に詳しい職員、学校卒業後の支援についての知識が豊富な職員を配置するとともに、様々な専門家と連携し、障がいのある人にとって「自分らしく安心して暮らせる地域社会の実現」を目指し、うまくいくこと、いかないことを定期的に確認することで、利用計画の見直しに努めています。

  • 相談支援サービスの流れ

    相談支援サービスの流れ
    心から望む生活のために。
  • 目標を見据えた提案

    目標を見据えた提案

    サービス等利用計画書を作成するにあたっては、生活面だけでなく、就職までの準備、就職活動、就職後の自立など一人ひとりに合わせたご提案をしています。
    また、障がいのある方が就職した後、自分らしく自信を持って働いていけるよう、職場への定着に重きをおいた計画を考えます。

  • 迅速な対応

    迅速な対応

    従来、サービス等利用計画の制作には長い時間を要するケースもあります。きずなはうすの相談支援センターでは、他の支援機関と効果的に連携することで一人ひとりのご希望に沿った期間にサービス等利用計画をスムーズに作成することが出来ます。

Adviser アドバイザーのご紹介

  • 行政書士中村事務所 代表 行政書士 中村裕

    登記事務所での実務経験3年、法律事務所での実務経験5年、企業法務[上場会社]での実務経験12年等

    行政書士中村事務所 代表 行政書士 中村裕

    大阪市内で開業している行政書士の中村裕と申します。
    きずなはうす様の基本理念や、将来構想に共感し、相談支援事業所で取扱う範囲を超える問題につきましてサポートさせていただいております。
    例えば、役所における各種手続きや、いわゆる「親なき後問題」(未成年後見等)の対応策をご提案いたします(行政書士への相談は無料です)。

事業所のご案内はこちら

  • 相談支援事業所きずな