トップへ

ブログ

名前をアートしよう!

こんにちは!
[就労A型]きずなはうすの利用者Hです。

前回書いた文章が、概ね好評だったという事で、まさかの再登場となりました。

今回も、きずな学園さんで開催された工作教室(2月21日)のレポートです。

しばし、お付き合い下さいませ。

 

=2月15日(金) 工作教室ミーティング 第1回 =

__さぁて、今回は何をやるんやろ?__

ワクワク、いやビクビクしながらミーティングに出席すると、

先月入ったばかりのKさんも参加するとのこと。

 

耳だけはしっかりとそばだてて、隊長(※)の説明を聞いていると・・・。

「あの、すみません。質問してもいいですか?」
と、Kさん。

Kさんと隊長がやりとりしている間、ちらっとKさんの手元を見ると、

何やらノートに色々書き込んである・・・。

__おおっ!きちっとノートを取って質問までして、うちには絶対でけへん事や・・・__

 

・・・隊長とKさんのやり取りが終わる頃、自分の名前の文字をデザインして、
切り絵にし、ネームプレートのようなモノにする・・・らしいという事がわかりました。

__ほんま、ええ人が入ってくれたなぁ(しみじみ)__

「じゃぁ、1回私達も描いてみようか!」
「え”っ!?」
思わずKさんと合唱する。

__うわ~、想定外やなデザインなんて・・・うん、ラクガキでええか。
前から思うてたけど、ウチの名前のこの字、犬の顔に似てる。よし、これでいこう!__

描けたところで、見せ合いっこ。隊長は、自分をモデルに人文字(西城秀樹のYMCAみたいなの)に、
Kさんは、漢字のイメージから絵文字風のを、ウチは、ははは・・・ラクガキ・・・。見事に三者三様だ。

__ウチらでこうなら、子供らやったら、もっとオモロイことを考えるんとちゃうやろか?

楽しみやな♪__

「これで❝感じ❞は、つかめた?」
と、隊長に聞かれ

「はい・・・なんとなく」
とKさん

「はぁ・・・まぁ・・・」
とウチ

「じゃぁ、今日はここまで。来週の火曜日に、もう1回ミーティングをやります。
それまでに私も、どうゆうふうにやるかを考えますから。」

__そうやろな、なんぼオモロイアイデアであっても、切り絵にできるかどうかは別や。
形によっては、不向きなもんもあるさかい。なにより刃物を使うんやから、こっちも準備が必要やし__

こうして、ミーティングの1回目は、終わりました。

 

※リーダーで利用者のIさんの事です。Iさん曰く
「私たちは、リアン工作隊です!」
だそうですので。

 

=2月19日(火) 工作教室ミーティング 第2回 =

仕事の進行の都合で、予定より早くミーティングをやることになり、ちょっとバタバタする。
全員が、集まったところで隊長が・・・

「色々考えてみたけど・・・、切り絵もやるとなると時間的に無理があるので、
今回は、アートする(考える)だけにして、切り絵は来月やるっていうのは、どうかな?」

1拍おいて、ウチとKさんで
「その方がいい!」
と、答えると
隊長、にんまり笑って
「ということは、来月もこのメンバーでやるって事に決定です!!
じゃ、今日はこれでお終い。明後日の工作教室、ヨロシク!」

 

=2月21日(木) 工作教室当日 =

今回は前回と違い、時間に余裕を持って出発したので、11時頃に学園に到着した。
参加する子供たちは、前回と同じく

女の子2人(MちゃんとMMちゃん)と男の子1人(Tちゃん)、それから女性の先生が2人。
子供達は、待ってましたとばかりにはしゃぎだす。
まずは、準備。

 

子供たちが率先して、机を出して並べていく間に、隊長がホワイトボードに、何をするかを書いていく。

準備が終わると、隊長が
「前回はできなかったけど、今日は時間があるから、子供達と遊ぼうか!」
と、言い出す。

__う~ん、イマドキの子供って、どんな遊びをするんやろか?__

と、こっちがうにょうにょ考えていると、Mちゃんが何かを持ってきた。

「これ作ったよ、ロッカーやねん!」
と、ダンボールでできた箱(リカちゃんだと、洋服ダンスになるかも)を見せてくれた。
「おおっ、ちゃんと棚がついてる!」
ウチは、お世辞抜きで感心した。

そのうちMちゃんが、机の上にあったガムテープを、ひっくり返したり筒の中をのぞいたりしはじめた。
そして、机の上に置こうとした時、コロコロと転がりだしたのが気に入ったのか、

ガムテープを自分で置いて、軽く指ではじき始めた。

「ーー!」

転がってきたガムテープを、同じように弾き返すと、Mちゃんが又弾き返してくる。
と、今度は、違う方向に転がりだした。すかさず、Kさんが弾き返すと、
またまた違う方向へと転がっていき、隊長が弾き返した・・・

つもりが、ガムテープは転がらずに、コテンと横に倒れてしまった。
「あちゃ~、失敗したぁ」
残念そうな隊長の顔と言葉に、思わず全員笑いだす・・・。

後はもう、
「わぁっ、そっちいった」
「えっ!?きゃっち!」
「おおっ!カーブした!!」
「な、なんで曲がるの~?」
と、大盛りに盛り上がって、笑い倒しました。

隊長が一言、
「これが、子供達と遊ぶって事だよ!」

ウチらも
「はいっ!」
__がってん、がってん、ガッテン!! この勢いで、工作の時間も乗り切れる!__

・・・と思ったんは、甘かった。

そう、今日は作るんではなく、考える方なんである。
隊長の説明が終わっても、前回のように、子供達の元気のいい返事がかえってこない。

__そうやよなぁ、アイデアっちゅうのは、出てきよる時には、ポコポコと出てきよるくせに、
考えてる時は、いっこも出てこえへん!ほんま、やっかいなヤツやで__

 

さて、どうしたもんかと考えている間に、隊長は子供たちに、
「こうしてみたら?」
とか
「こんなのもあるよ」
とか、色々アドバイスをしていっている。
そのうちに、Tちゃんが
「そやっ、ハングル語や!」
と、大きな声で叫んだ。

__へっ!? はんぐるご???__

 

「先生、この字ハングル語でどう書くん?」
「ハングル語やね、ちょっと待って」
さすが先生、すぐに反応してノートパソコンのキーをたたきだす。
「はい、こんな形」
先生が、パソコンの画面をTちゃんの方に向ける。
ウチも、つられてTちゃんの方へ顔を向ける。と、Tちゃんの描きかけの文字が目に入った。

__仮名に漢字にアルファベット・・・あっ、そうか。
色んな文字を、混ぜこぜに使うつもりなんやな。しっかし、ハングル語とは・・・よう思いついたなぁ__

どうやら、Tちゃんの方は、楽しんでいるみたいだ。
しかし、女の子2人の方は・・・なんだか空気が微妙だ・・・

少し書いては止まり、少し書いては止まりを、繰り返している。

とうとう、Mちゃんがぐずりはじめた。
そして、ついに
「あきちゃった。もう1つ描いたから、お終いにする」
と言って、とっとと部屋を出て行ってしまった。
呆気に取られていたウチは、3拍も遅れて後を追った。
Mちゃんは、隣の部屋の自分の席に座って、何かごそごそやっている。

__ええっと、追いついたはええけど・・・こういう時は、何と言って声をかけるんや??__

ウチは、どうしたらええのか分からず、突っ立ってMちゃんのする事を見ていた。
Mちゃんの方は、ウチの事なんか眼中に無いようで、

せっせとダンボールで、四角い箱のようなものを作っている。

__んんー、不機嫌な顔じゃなくなってる。
しばらく、好きな事をさせといた方が、気分転換になってええかもしれん__

ウチが、こんな事を考えているうちに、Mちゃんの作業は、着々と進んで行っている。
形がはっきりしてくると・・・

__あれ?これって・・・ひょっとして、あれか?__

あれだろうと思いつつも、Mちゃんに聞いてみる。
「何を作ってんの?」
Mちゃんは、部屋の隅を指さして
「あそこにある浄水器!」
と、答えてくれた。

__やっぱり!! ちゃんと色分けされた、お湯用と水用の蛇口がついているし、
赤線で囲った注意書きや、会社のロゴまで入ってる!足りないのは、上に乗っける水タンクだけだ__

と、感心していると
「もうすぐ、お終いの時間になるよ!そろそろ、お片付けに入ろうか」
隊長の声が聞こえてきた。

__いいーっ!? もうそんな時間?__

「先生に見せてこよ!」
と、Mちゃんが、皆のいる部屋へ入って行くので、ウチも一緒に入る。
入口の近くにいたMMちゃんのは、だいぶ苦戦しているらしく、
鉛筆を握ったまま紙とにらめっこをしている。
先生がうながしても、なかなか動き出さない。

隊長が、苦笑しながら
「来月まで、考える時間はあるから、ゆっくり考えるといいよ」
と、声をかけると、やっと動き始めた。

Mちゃんも不満げに
「1つしか、思い浮かばへんかった・・・」」
と言うので
「時間が経ったら、別のが浮かんでくるよ」
と、ウチ

「そうそう。そして、新しいのが浮かんで来たら、紙に書き留めておくの。
そしたら、自然にたくさんのアイデアが集まるよ」
と、隊長。

__さすが隊長、ナイスフォローです!__

 

 

隊長が
「これで、工作隊は帰ります。来月も来るからね。それまでに、宿題をやっとく事!それじゃぁ・・・」
と、言って手を振ると、子供達も
「バイバーイ」
「また来てね~」
「さいならぁー」
と、言って、外まで出てきて手を振り続けている。

__うん、うん、こうゆう時の子供は可愛く見えて、何か後ろ髪を引かれるなぁ__

と、思いながら車に乗り込み、帰途に就く。

こうして、2月の工作教室は、無事に終わることができました。

 

 

 

[就労A型]きずなはうすに、
ご興味がある方は、随時、見学も行っております。
御気軽にご連絡ください。

ブログ作成:利用者さんHとスタッフ 宮加

所在地:〒540-0026大阪市中央区内本町1-2-13谷四ばんらいビル62号

電話:06-4790-7277 FAX:06-4790-7288

https://kizuna-house.net/wp-admin/post-new.php

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス