トップへ

ブログ

「何かを添えてみる」

こんにちは。

相談支援事業所きずな谷町です。

初めてブログを投稿させていただきます

事業所オープンから一ヶ月と少しばかり経ちました。

自己紹介の代わりに普段から考えていることを少し
お話しさせていただこうと思います

話をしているときにどんな言葉を添えているか。

仕事での相談時、友人と話している時、はたまた海外からの旅行客の方に
外国語で道を尋ねられた時。

話しかけられ、質問をされたときに、どんな言葉を添えてみようか、私はその事を
考えることが多いです。

たとえ相手が慌てている様子でも、ただ淡々とお伝えするのでは味気ない。
その一方でオーバーなくらい親しげに話しかけてもかえって警戒される。

さあ、どうしましょう?と、いつも考えてしまいます。

でも……そんな時は何かを添えてみましょう、と意識しています。
開けるような、明るくなるような、そんな言葉を添えてみます。
どんどん感覚的なお話になりますが、たとえて言うなら花を添える感覚で言葉を添えてみます。

どんな言葉がいいのか。
『この言葉かけでみんな元気になる!!』
なんてマニュアルは当然ありません。
その時の、その人が明るくなるような言葉を探して添える。
花にたとえて話すなら、こんな花が喜ばれるときもあれば、

 

こんな花が喜ばれる時もありますよね。

お互いにお互いが明るくなるような言葉を添える。
それがより良い関係を築くために必要かな、と思います。

あなたは大切な人にどんな言葉を添えてみたいですか。

 

文章:相談支援事業所きずな谷町 丹羽

写真:まつイマさき

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス