トップへ

ブログ

◐卓球対決◑(第19回 大阪市障がい者スポーツ大会)

 

第19回 大阪市障がい者スポーツ大会の卓球競技が先日、

5月18日土曜日に長居障がい者スポーツセンターで開催されました。

 

当法人に在籍されている2名の方が選手として出場しており、

私、能島が応援に行って来ましたので紹介します。

 

 

今大会には障がいの度合いに応じてカテゴリー分けがなされており、

今回の卓球競技大会では下の画像のように分かれており、

それぞれリーグ戦で1位を決めるようになっておりました。

 

 

 

 

さて、私は11時頃に到着し、大会本部に掲示されているリーグ戦表を確認。

お目当ての2名の名前を見つけて、

順当に行けば最終戦で2名の直接対決が見られるのをチェックしました。

 

私も20数年前、兵庫県の国体予選にテニスで出場していた経験があり、

懐かしい雰囲気を感じながら、当法人在籍選手を探しに行きました。

 

 

最初にM選手を発見。

M選手は、2017年全国大会(愛媛)で2位になった実力者。

「今回を最後の出場とし、今後は国家資格を取得すべく勉強をしたい。」

と仰っていましたが、その目は、まだまだ負けへんでぇ…

と、秘めたる闘志を感じました!

 

続いて、S選手に会いました。

奥様や、同じ卓球チームの仲間が多数応援に来られている賑やかな中におられました。

GW中に首を痛められ、調整にご苦労なさっているのは聞き及んでましたが、

今大会に賭ける熱意が全身からみなぎっており、本日の調子は良さそうに見えました。

 

 

両選手ともリーグ戦を全勝で最終直接対決という、私にとっては最も見応えのある展開に。

 

 

1セット11点先取。

5セットマッチ、3セット先取。

勝利のルールは、石川佳純選手や張本智和選手の試合と全く同じです。

審判やボールボーイ&ガールも配置されているので、緊張感はかなり出てました!

 

 

 

注目の第1セット。

実力が拮抗しているのは直ぐにわかるシーソーゲームになりました。

しかし、S選手が若干緊張しているのか?やや硬さが見られます。

M選手は、老練なラケット捌きで中盤からリードし、

第1セットは11-9でM選手が取りました。

 

 

続く第2セット。

S選手の硬さが取れ、白熱のラリーが続きます。

両選手の点数はついに11-11となり、2点差がつくまでエンドレスの展開になりました。

会場にはどよめきや拍手が起こります。

そこからS選手が、爆発っ。

13-11でS選手が第2セットを取ってイーブンの展開に!

 

 

両選手タオルで汗をぬぐい、

インターバルで給水している様子は世界卓球のテレビ中継さながらの様子です。

 

 

第3セット。

またも取って取られてのシーソーゲーム!

正に、三国志の英雄、関羽と黄忠の一騎打ちの如くです!

結果、11-9でM選手が取りました。

 

 

第4セット。

あとが無くなったS選手の逆襲が始まります!

S選手が、M選手のサーブを2本とも取り一気に10-6。

M選手も一矢報いますが、11-7でS選手がこのセットを取りました。

 

 

セットカウント2-2♪

 

 

ついに来ましたファイナルセット!

見てる私は、観客席最前列、一人でコーラ片手に大興奮です(笑)

 

一進一退の攻防は続き、 中盤 6-6 になります。

8-6ここでS選手のリード。

M選手、苦笑いか?初めて試合中に笑みがこぼれました。

9-6。M選手は悔しい素振りながら表情には笑みが…

9-7。左右にラリーで揺さぶりをかけるM選手のバックバンドスマッシュがネット!

10-7。M選手悔しがりつつも笑みがこぼれます。

一方のS選手は全く表情を変えません。固く真剣な表情です…

S選手、マッチポイント!

10-8。会場は固唾を呑む静寂です…S選手はバックハンドのカットサーブ、

M選手も反応、バック側深いところにリターン♪

しかし、S選手、これを見事に切り返しフォアハンドのアタック!

M選手の反応が遅れて返球出来ずっ。

 

ゲームセット!

ファイナルセットは11-8でS選手が取りました。

 

ゲームカウント、9-11、13-11、9-11、11-7、11-8…

セットカウント3-2でS選手の優勝が決まりました。S選手、見事な逆転勝ちです。

最終ポイント後、一呼吸置いて、回転ガッツポーズと「シャーッ」と雄叫びが会場に響きました。

 

 

 

 

この文章で、私の興奮と感動がどの程度伝わるのかは分かりませんが、

やはり直接見るスポーツは、ニュース映像では伝わらない緊張感があり、多くの刺激を受けました。

障がい者スポーツであろうと、高校野球の甲子園だろうと、

選手と呼ばれる人達はその試合を目標に日々精進して来られた…その集大成の日なのです。

 

 

 

本当に素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。ありがとうございました!

両選手とも、お疲れ様でした!

 

私はその日、刺激注入により、

ジムのプールで400メートル泳いでフラフラになりました(完)

 

 

 

[就労A型]きずなはうすに、

ご興味がある方は、随時、見学も行っております。

御気軽にご連絡ください。

ブログ作成:(株)きずなはうす 代表取締役:能島 一彦 とスタッフ 宮加

所在地:〒540-0026大阪市中央区内本町1-2-13谷四ばんらいビル62号

電話:06-4790-7277 FAX:06-4790-7288

https://kizuna-house.net/

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス