トップへ

ブログ

自分をほめてみる

こんにちは。

相談支援事業所きずな谷町です。

今回は、ほめる事について説明します。

前回の話とつながっていますが、今回の記事だけでも読んでいただける
内容となっております。

さて、最近誰かにほめられたことってありますか。
あるいは誰かをほめたことってありますか。

言葉というのは不思議なもので、どうせ表面だけの言葉だけじゃないか、
と思いがちです。

しかし、本当は自信満々でも「やっぱり私がやったところで…」とか
「私には向いてなかったです」と謙遜のつもりで声に出したとしても実際に結果に影響が出るそうです。

声に出したら、言葉にしたら現実に影響が出るのであれば、ほめてみましょう。
例えば難しい本を時間以内に10ページ読もうと思ってたけど、
実際は2ページまで読めた。
そんな時は「時間いっぱい集中して読むことができた!!」や
「読んでるうちに本の内容が分かってきた!!」とほめてみましょう。

ほめてくれる人を探すことも大切ですが、まずは自分で自分をほめてみましょう。
あきらめないで進めてみて、ほめる。不思議ですがそうすることで
能力が伸びるそうです。

 

ここでほんの少し想像力を働かせてみてください。
他の人もそれぞれの生活があり、それぞれに
自分をほめながら過ごしているのかな、と。
そしたら今より世界、と言ったら大げさかもしれませんが、
見え方が変わるかもしれません。

大きくて目立つ花は咲いてると一目でわかります。

 

他方、小さな花だって立派に咲いています。

 

それぞれにそれぞれの場所で咲いています。

 

 

文:相談支援事業所きずな谷町 丹羽
写真:まつイマさき

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス