トップへ

ブログ

仕事で発達障がいを活かすために

はじめまして。

スタッフのMさんの声かけで、

今回ブログを書かせていただくことになりました。

利用者Ketsurakuです。

発達障がいのアスペルガー症候群の診断を受けています。

 

僕は発達障がいに特化した記事を、

特にリアンでの発達障がいとの付き合い方について

書いていこうと思っています。

 

早速ですが、本日のお話です。

僕は、衝動性がすごく強いんです。

僕の衝動性は、思い立ったら即行動タイプの衝動性なんです。

 

先日、仙台旅行へ行った時の話なんですが、

ある日、僕はふと仙台に旅行でも行きたいなぁと頭によぎったんです。

そうなると居ても立っても居られないんですよね。

即座に夜行バスを予約。

翌日の夜には出発するという自分でもびっくりの行動力で

旅に出てしまうという衝動性の強さを持ってます。

 

そんな衝動性の強さはリアンですごく評価されているんです。

衝動性が強いってネガティブなイメージですが、

僕は並外れた行動力というポジティブに変換して、

リアンで力を発揮しています。

 

例えば、頼まれた仕事では即座にこなします。

なので、レスポンスが早いんです。

頼んだ仕事がすぐに何らかの返答が返ってくるので、

スタッフの方達から「助かる」と言ってもらえてます。

 

衝動性が強い分、落ち着かないこともあります。

そんなときは、仕事のペースを落としてやれる範囲で仕事に取り組んだり、

音楽で気を紛らわせたりして、落ち着かせます。

何より大事にしているのは、スタッフに今の状態を具体的に伝えることです。

スタッフも状態が分かれば対処しやすくなります。

伝えることで気分がラクになる効果もあります。

一人で悩んでるとしんどいですからね。

 

今回は衝動性が強い特性の付き合い方を紹介しました。

ではまた。

 

[就労A型]リアン内本町に、

ご興味がある方は、随時、見学も行っております。

御気軽にご連絡ください。

ブログ作成:利用者KetsurakuさんとスタッフM

所在地:〒540-0026大阪市中央区内本町1-2-13谷四ばんらいビル62号

電話:06-4790-7277 FAX:06-4790-7288

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス