トップへ

ブログ

ワークショップ講座「2月のてづくりカレンダー」を開催!

こんにちは。リワークセンターWingsの松島です。

本日は、2月のてづくりカレンダーのワークショップ講座を開催しました。

2月のテーマは「節分」。

毎年、節分の日の過ごし方をみなさんにお聞きしたところ、「う~ん?小さい頃は学校とかで豆まきをしたけどな、、、」と、昨今ではすっかりスルーしがちなイベントのようでした。

確かに、私も毎年、ただただ恵方巻を食べるのみです。。。

 

ということで、2月のカレンダーは「豆」をモチーフにし、新聞紙やチラシのデザインを使って切り紙していただきました!

 

世間一般では、節分の日(季節が変わる前日)は、豆まきをして「鬼(邪気)」を払いますよね。調べてみると、豆まきには悪魔のような鬼の目“魔目(まめ)”にめがけて、豆を投げれば“魔滅(まめ)” すなわち「魔が滅する」という意味があると考えられているそうです。これらの意味から豆は鬼を払う道具でありながら、鬼そのものととらえられていたようです。

そんな節分のアレコレを話しながら「豆」のイメージを沸かしてもらい、ひたすら切り貼りワークタイム。日常にある紙のデザインをどうアレンジするかは、利用者さんによってさまざま。素材選びに時間をたっぷり使っていただきました。

そして、素敵で個性豊かな豆アートが完成!どの方も個性豊かなユニーク作品で、たいへん盛り上がりました。

ふだんのデザイン講座は、ひたすらパソコン作業のため、月に一度は、リフレッシュの意味を込めてアナログなデザイン(アート)活動をしていただいています。

来月のてづくりカレンダーは、2/27(木)に開催予定です。

ぜひ興味をお持ちの方は、ご参加くださいませ。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス