トップへ

ブログ

ワークショップ講座「4月のてづくりカレンダー」を開催!

本日は4月のてづくりカレンダーのワークショップを開催しました。

今月のテーマは、やはり春といえば…「桜」ですよね!

今や日本人だけではなく、外国の人まで魅了する桜の人気は絶大です。

今月は『桜+春の要素を何かひとつ』というテーマでカレンダーにアートを描いていただきました。

前半は、いつもの雑学雑談タイム。

まずは桜について知ろう!ということで、植物学としての桜はどうであるかや、野生種・人工交配の品種にどのような桜があるか、なぜソメイヨシノが一番よく知られているのか…等々、みんなで一緒に考えたり思い浮かべたりしながら桜雑学を学びました。

そして、後半のアート制作タイムに突入です。

エルメスの気品あふれるパンフレットや新聞紙、和紙、チラシなど、たくさんの紙素材から自由に素材を選んでもらい、独自の桜を表現してもらいました。

サッと創りたいイメージが浮かんで手が動く方もいれば、思い浮かばないためとりあえず気になる素材に手をかけて、どういうカタチにするかじっくり探していかれる方も…。

デザインの仕事をする上で、イメージングの力はとても大切です。

ビジュアルで“こういう雰囲気を出したい!”という時と同じで、“春といえば桜…、お花見…、たけのこ…”などなど連想ゲームのようですが、こういうイメージを広げていく思考が必要になってきます。

ですが、これがなかなか難しいことだと思うのです。常日頃からいろんな感覚を磨いていないと必要な時にサッと引き出しから出てきません…。

しかし、だからといって出来ないことはなく、調べたり探したりと行動を起こして、必要な感覚を身に付けていけばいいだけです。そしてそれはずっと引き出しとして持っておくことができるのです。

 

そんなわけで、今回、イメージが浮かばず悩まれていた利用者さんには、「そんな時は、まず気になる素材をとにかく探してみましょう!手を動かしていたらアイデアが沸いてくるかもしれませんよ」と声をかけ、とにかく手が停まった状態から動かしてもらいました。

そして、見事にユニークなアイデアを考えられ、桜の花と蝶の羽を掛けて、蝶づかいが春の植物の中を舞っているいるような素敵な作品を創り上げられました!

今回は3名の方に参加いただきましたが、みなさん、とても個性あふれる素敵な桜アートのカレンダーを創られていました。

  

今年はコロナウイルスの影響でイベントの中止が相次いでいます。Wingsでもお花見レクリエーションを企画していていたのでとても残念ですが、来年の春は利用者さんと一緒に桜を見に行って、感性豊かに春を楽しめればいいなと思います。

 

来月のカレンダーづくりワークショップは、4月30日(木)に予定していますので、ご興味のある方はぜひご参加お待ちしています。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス