トップへ

ブログ

プログラミング学習時の『英語』の向き合い方

みなさんこんにちは!プログラミング講師の橋本です。

今日はプログラミングと英語についての話をしてみたいと思います。皆さん英語は得意ですか?

 

僕はとても苦手です。ですがプログラミングをずっとやっていると英語は触れざる得ない部分があります。また技術系の英語は少し独特で英語を勉強している人でも読みにくかったりします。指導していてエラーが出て進みませんと言った場合でもエラー文を普通に読めば解決することも少なくありませんが残念ながらそのエラーが日本語で表示されることはほぼなく英語を読むしかないのです。日本人が開発したプログラミング言語rubyですらエラーは英語ですしネット検索での情報の量も圧倒的に英語が多いです。これはよく使われているどの言語でもそうです。どう工夫しても英語には向き合わざる得ないです。ここまで読まれた方はプログラミングの勉強にも時間を取られますしさらに英語もやらないといけないのかとちょっとうんざりした気分になったかともいると思いますが少し安心してください。

確かにやらなければいけないですが必要なレベルは全然高くないです。学習においてはもちろん喋れる必要はないですし、読み書きができるならそれはもう十分だと思います。もっと言うと読めれば学習には十分です。さらにハードルを下げるなら英語アレルギーがないならプログラミング学習を始める段階なら良いと思います。英語アレルギーがある方はそれは治した方がいいかもしれないです。英語アレルギーの治し方ですが僕はスマホアプリで治している最中です。「mikan」で単語を勉強して「Duolingo」で文法を学べます。僕の英語アレルギーはこれでマシになりました。人それぞれ学習の方法は全然違うと思うので自分に合った方法で学習してみてください。

 

アレルギーの原因は知らないことです。少しでも知っていればちょっとずつですが英語を見たときに「うわぁ…」と思わなくなります。講義では学習はしていませんが避けては通れない部分です自分をうまくコントロールしながら学習していきましょう。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス