トップへ

ブログ

緊急事態宣言の中で…~新人奮闘記~

緊急事態宣言の中で…~新人奮闘記~

                                                       T.Y 職業指導員

•入社早々の緊急事態

Tさんは大学を卒業後、今年8月リアンに就職しました。

リアンに応募しようと思ったきっかけは、募集要項欄にあった「人を支える」という言葉でした。

利用者さんへ仕事を知ってもらい、理解もしてもらう事をお伝えしながら、支える事が出来ると考えていたTさんを待っていたのは新型コロナによる緊急事態宣言でした。

入社早々、リアンは休業を余儀なくされました。

通所が無くなり、1日2回の利用者さんに対する電話確認が主な仕事になりました。

毎日、利用者さんに電話を掛け、健康状態や在宅での訓練の進捗状況を聞くなどの仕事です。

利用者さんと毎日向き合って仕事をするはずだったTさんにとって思わぬスタートとなりました。

 

 

•電話聞き取りの難しさ

電話確認の難しさは、相手の顔が見えない事。電話の声だけで、相手の状況を把握する事の難しさを、

身を持って経験しました。

しかし、電話を続けるうちに受け答えや声の抑揚で、その日の体調が少しずつ分かるようになりました。

利用者さんのモチベーションが下がり気味と感じた時は、相手の話をじっくり聞く事に集中。

「無理をしないように」と声を掛けるのを忘れませんでした。

また、利用者さんの中には思っていた以上にハキハキと受け答えする方がいて、事前に学んでいた知識や

イメージに相違がある事も徐々に理解できるようになりました。

 

•十人十色それぞれの特性に寄り添う

月に1度の面談で、利用者さんと対面で話す時事前にその方の特性や課題を頭に入れて臨みますが

やはり十人十色。

こちらから積極的に声掛けをして上手くいく場合もあれば、話しかけられるのが苦手な人もいて

一律の対応では上手く行かず、それぞれの個性や特性に応じて対応しなければならない事を実感しました。

また、電話ではコミュニケーションが取れていた利用者さんでも、対面での面談では会話が途切れがちに

なるなど電話だけでは分からない事も知りました。

 

•先輩諸氏に励まされ

利用者さんとのコミュニケーションが上手くいかず、思い悩んでいた時先輩社員が優しくサポートしてくれ何度となく救われました。

「リアンのいい所は職員同士の仲の良さアットホームな雰囲気」だとTさんは言います。

 

•辛さが分からないからこそできる事障害を持った人でしか分からない辛さを、職業指導員は肌で感じる事は出来ません。

職業指導員が出来る事はその人に寄り添って、「心の支え」になる事。

利用者さんの思いや悩みをしっかり受け止め、話を聞くことに重きを置きながら何でも話せる

関係を築きたいとTさんは思っています。

 

•嬉しかった言葉

今まで電話だけでしか連絡が取れていなかった利用者の方Aさん。

1カ月に一度事業所の定期面談で初めてAさんと対面。その時、思いがけない言葉を耳にしました。

「Tさんがおってくれて良かった」と利用者さんからの感謝の言葉を聞いた時この仕事をして良かったと

Tさんは嬉しそうに話してくれました。

 

次なる目標

会社の休業が解かれる予定は来年1月。リアンの新たなプロジェクトが始まります。

それは職業体験を通じて企業と利用者さんを結ぶ試みで利用者さんの一般就労に向けての活動です。

Tさんもその企画に関わる事を希望しています。

この企画が実現すれば、利用者さんにとって大きな励みになるとTさんは今から期待に

胸を膨らませています。

 

文責 北村誠一 (広報担当)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。