トップへ

【児童】きずなはうす

Programs きずなはうすの療育プログラム

  • 音楽・感覚総合
    音楽・感覚総合

    音楽教育(拍子・呼吸・リズム・反応)や想像力・集中力の向上、または感覚統合を取り入れた遊びにより、心と体を育てるプログラムです。

    ・リトミック、言葉音楽療法など

  • 日常生活訓練
    音楽・感覚総合

    日常生活関連活動において、代償手段(ツール)を選択・活用しながら作業しやすい環境を整え、自己認識の向上、活動の習慣化、定着を目指します。

    ・健康管理(服薬・体調)・身辺管理(生活リズム、身だしなみ、入浴、整理整頓等)など

  • ソーシャルスキルトレーニング(SST)
    音楽・感覚総合

    社会に適応していくために必要なスキル(対人関係・セルフコントロール・ルール等)を身につけるためのプログラムです。

    ・挨拶、対人コミュニケーションなど

  • 創作活動
    音楽・感覚総合

    身近にあるものを使っての創作活動を行うことで、集中力、創造力、手先の器用さを身につけます。

    ・クッキング・工作、ねんど遊び、お絵かきなど

  • 運動療育
    音楽・感覚総合

    様々な感覚や神経・筋コントロール能力の訓練を行うことで、多様性運動効果による成長の促進や基礎体力・姿勢保持、学習効果の向上を促進するプログラムです。

    ・ぶらさがり運動、バランス運動・移動運動、操作運動など

  • 集団適応訓練
    音楽・感覚総合

    集団での適応力・社会性・対人技術を養うためのプログラムです。

    ・社会見学、外出活動・特別講師による教室など

  • 学習訓練
    音楽・感覚総合

    学習に楽しく参加できるようにするためのプログラムです。学校の宿題についても支援をしています。

    ・公文式学習・算数遊び、言葉遊びなど

  • タブレット学習
    音楽・感覚総合

    楽しく遊びながら学べ、子どもの能力を開花させます。子どもたちが自ら進んで取り組めるプログラムです。

    ・療育アプリなど

Schedule 一日の流れ

平日(原則下校時より)

平日(原則下校時より)

土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休み)

土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休み)

Goal きずなはうすの目標設定について

きずなはうすに通ってくれるお子さんには入所時に何か目標を持ってもらいます。「目標」といっても決して難しいものではなく、児童の発達に合わせたものですのでご安心ください。目標設定のために見学の際や、初回ご利用時に簡単なチェックを行い、それを基に計画を立てていきます。

児童一人ひとりに沿った本当に必要な目標をたてます。
  • ・大人の真似ができるようになる
  • ・スプーンやフォークを使えるようになる
  • ・みんなで楽しく踊ることができる
  • ・絵カードを理解できるようになる
  • ・我慢することができるようになる
  • ・自分の感情を相手に伝えることができるようになる
  • ・食卓の用意や後片付けが手伝えるようになる
  • ・トイレでひとりで用がたせるようになる
  • ・簡単な衣服の着脱がひとりでできるようになる
  • ・相手の立場や気持ちを考え困ることや無理な要求をしない
  • ・目上の人には丁寧な言葉をつかえる
  • ・相手の立場を考えて話すことができる

など、児童ごとの特性や発達を踏まえ目標設定をしていきます。

なぜ目標を立てるのか

なぜ目標を立てるのか

「目標」というのは、児童のためでもありますが、それを達成できるように支援する職員の「目標」でもあります。
児童にとっての目標は、職員にとっての目標となり、支援のための礎となります。
目標を持ち、一つひとつクリアすることによって、自尊心が芽生え、自己肯定感が育ちます。

Support きずなはうすはお母さん・お父さんを応援します

子どもは、お母さんの感情をとても敏感に察知します。お母さんが笑顔だと、子どもも笑顔で楽しい一日を過ごせます。
きずなはうすでは、専門家のサポートも受け、悩み相談や預けやすい環境を整えることで、お母さんがお仕事やリフレッシュのために過ごせる時間を増やし、お母さんの子育てを全力でサポートしていきます。

  • 個別対応による相談

  • 学校からご自宅まで送迎します

  • スマホで記録を確認できます。

  • 保護者食事会を毎月開催

  • 土曜・日曜、祝日も対応

  • 防犯カメラを設置

FAQ よくある質問

Q1.障害者手帳や療育手帳は必要ですか?
区役所が発行する通所受給者証があれば、障害者手帳や療育手帳が無くても利用することができます。
Q2.利用前に相談することはできますか?
無料相談会、無料体験の受付をしておりますので、事前にご希望の施設までご連絡ください。
Q3.利用料金以外にも費用はかかりますか?
おやつ代、調理・工作代は無料です。ただし、外出支援時などの施設への入場料などについては実費負担となります。
Q4.利用時間の延長は出来ますか?
可能な範囲で対応させて頂きます。お気軽にご相談ください。
Q5.他の事業所も利用してますが、利用できますか?
ご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。
Q6.兄妹で利用する場合は、料金が倍になるのですか?
いいえ。月額上限負担金額1世帯あたりの金額になりますので、兄弟でご利用されても毎月の負担額は月額上限負担額を超えることはありません。(役所への申請が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください)

KIZUNAHOUSE きずなはうす(2014.10.1開所)

「きずなはうす」は、子どもたちが仲間や社会との「つながり」を感じ、安心して働く社会人への階段をのぼっていけるようにするための施設です。小学校高学年から高校生(12才~18才ぐらい)までをメインにサポートを行っています。

主なプログラム

「自分でできることを一つでも増やす」を目標に、児童の特性に合ったプログラムを組み立てます。日常生活訓練や集団適応訓練、創作活動の他にリトミックや外出支援、就労に向けた支援・活動も行います。

主なプログラム

スタッフ紹介

  • 後藤 さやか(ごとう さやか)

    後藤 さやか(ごとう さやか)

    私立中学校、高等学校で養護教諭(保健室の先生)をしていました。子どもに関わる仕事がしたいという気持ちからこの仕事を選びました。ケガや病気、ちょっとした不調はもちろん、保護者の方々の悩みや相談事も、一緒に考えていきたいと思っています。

  • 水野 大祐(みずの だいすけ)

    水野 大祐(みずの だいすけ)

    児童に関わる仕事をしたく現職に就きましたが、始めは慣れないこともあり、難しいこともありました。でも児童とわかりあえた時はうれしくとてもやりがいを感じます!この経験を生かし1人でも多くの児童に学ぶことの尊さを伝えていきたいと思います。大変なこともありますが、自分も勉強していると思い、少しでもお役に立てるよう貢献していきたいと思っています。

  • 松永 嘉之(まつなが よしゆき)

    松永 嘉之(まつなが よしゆき)

    この業界での仕事は初めてで、難しいこともありますが、日々勉強させていただいております。児童と共に、一緒に成長できたらと思っております。

  • 高見 未緒(たかみ みお)

    高見 未緒(たかみ みお)

    大学時代、心理学科を専攻しており、特別支援のボランティアをしていた経験から、この仕事を選びました。子どもたちが、興味、関心、感動といった様々なことを感じる環境作りを心がけていきたいと思います。一人ひとりの子どもたちとの触れ合いを大切に、子どもたちの笑顔を引き出していけるように努力していきたいと思います。

  • 田中 智恵子(たなか ちえこ)

    田中 智恵子(たなか ちえこ)

    カワイピアノ指導グレード取得、リトミック研究センター認定講師ディプロマA取得。きずなはうすにて、土曜日にリトミックを取り入れています。それぞれの個性に寄り添い、自己肯定感を高めていけるような支援を心がけています。

  • 山本 結子(やまもと ゆいこ)

    山本 結子(やまもと ゆいこ)

    臨床心理士の資格を生かしながら、子供たちの心の健康、特性や特徴の理解、日々の成長の手助けとればと子供たちと関わっています。

  • 平田 真知子(ひらた まちこ)

    平田 真知子(ひらた まちこ)

    学童保育、ベビーシッター経験あり。現在は、スポーツトレーナーの傍ら、児童福祉にも携わらせて頂いております。得意なことは、スポーツ(特に球技)、お絵かき、折り紙などの工作です。子どもたちの笑顔を引き出せるよう日々努めています。

  • 蒲田 侑子(かまだ ゆうこ)

    言語聴覚士資格取得に向けて学校に通いながら、きずなはうすで勤務しています。日常生活訓練に加え、特技の書道や音楽を活かして、子どもたちの感性を豊かにするような支援もできればと思っています。

MANABI まなび(2016.6.1開所)

「まなび」は、一人ひとりに対して公文式学習などを取り入れた「学習」を行うなど、楽しみながら「学べる」環境を提供する施設です。小学校低学年から中学生(6才~15才ぐらい)までをメインにサポートを行っています。

主なプログラム

創作活動や、公文式学習などの「学習」支援の他にも、日常生活動作を学んだり、集団でのルールを学んだり、本人の特性に合わせてさまざまなスキルを『まなび』ます。

主なプログラム

KIZUNAHOUSE PURIMO きずなはうす ぷりも(2017.9.1開所)

「ぷりも」は、まなびやきずなはうすと子どもたちのつながりのうち、「最初の1歩」となる施設です。未就学の児童をサポートしています。

主なプログラム

未就学児童に対しての療育や、TEACCHプログラムを使って療育、PECS(絵カード等を使ってのコミュニケーショントレーニング)やビジョントレーニング(目で見る力を高めるための訓練)など、早期療育に効果的なプログラムを用意しています。

主なプログラム

ASIS (2018.4.2 きずなわーくすJr.開所)
(2018.12.1 ASISへ名称変更 )

中高生に特化した「進路支援型」の放課後等デイサービス

きずなわーくすJr.は、2018年12月1日より、プログラムを拡大し、さらにご満足いただけるサービスを展開していくことになりました。

お子さんが中学生、高校生になると、療育以外にも将来の進路のことが心配になりますよね。今は保護者の方が見守ることができていても、この先ずっとサポートし続けることはできません。お子さんにとって「自分の足で生きていく力」が必要となります。
そのためにも、中学生や高校生のうちから、将来のことを見据えた支援が必要ではないでしょうか。
ASISでは、そんなお子さんや保護者の方のために、本人の自立や進路(就労・進学)の準備に重点をおいた支援を行っています。

主なプログラム

ASIS(アズイズ)は、中高生のお子さんの「将来の進路を支援する」放課後等デイサービスです。
ただ、中学生や高校生の段階では、まだ将来の夢ややりたいことが決まっていないお子さんも多いでしょう。
実際にいろいろな仕事を体験して、ようやく「これだ!」と思うものに出会える。それが当たり前で自然なことです。
「自分にはどんな仕事が向いているのか。」「自分にはどんな仕事ができるのか。」
まずは、それを見つけることが大切です。そのためにも、いろいろな体験をしてほしい。その想いで、さまざまなジャンルのプログラムをご用意しています。
カメラマンやウェブデザイナー、動画編集などなど…個性的なプログラムも豊富です。お子さんが興味があること、やってみたいことをまず体験していただき、夢への第一歩を歩んでいただきます!

自尊心向上/自己理解、生活力、対人スキル(コミュニケーション)、PCスキル、基本的労働習慣(ビジネスマナー)、Youtube動画編集、ドローン講習、英会話、WEBデザイン&サイト作成、カメラマン講習、フラワーデザイン、等

事業所風景

事業所風景