トップへ

【児童】きずなはうす

Programs きずなはうすの療育プログラム

  • 音楽・感覚総合
    音楽・感覚総合

    音楽教育(拍子・呼吸・リズム・反応)や想像力・集中力の向上、または感覚統合を取り入れた遊びにより、心と体を育てるプログラムです。

    ・リトミック、言葉音楽療法など

  • 日常生活訓練
    音楽・感覚総合

    日常生活関連活動において、代償手段(ツール)を選択・活用しながら作業しやすい環境を整え、自己認識の向上、活動の習慣化、定着を目指します。

    ・健康管理(服薬・体調)・身辺管理(生活リズム、身だしなみ、入浴、整理整頓等)など

  • ソーシャルスキルトレーニング(SST)
    音楽・感覚総合

    社会に適応していくために必要なスキル(対人関係・セルフコントロール・ルール等)を身につけるためのプログラムです。

    ・挨拶、対人コミュニケーションなど

  • 創作活動
    音楽・感覚総合

    身近にあるものを使っての創作活動を行うことで、集中力、創造力、手先の器用さを身につけます。

    ・クッキング・工作、ねんど遊び、お絵かきなど

  • 運動療育
    音楽・感覚総合

    様々な感覚や神経・筋コントロール能力の訓練を行うことで、多様性運動効果による成長の促進や基礎体力・姿勢保持、学習効果の向上を促進するプログラムです。

    ・ぶらさがり運動、バランス運動・移動運動、操作運動など

  • 集団適応訓練
    音楽・感覚総合

    集団での適応力・社会性・対人技術を養うためのプログラムです。

    ・社会見学、外出活動・特別講師による教室など

  • 学習訓練
    音楽・感覚総合

    学習に楽しく参加できるようにするためのプログラムです。学校の宿題についても支援をしています。

    ・公文式学習・算数遊び、言葉遊びなど

  • タブレット学習
    音楽・感覚総合

    楽しく遊びながら学べ、子どもの能力を開花させます。子どもたちが自ら進んで取り組めるプログラムです。

    ・療育アプリなど

Schedule 一日の流れ

平日(原則下校時より)

平日(原則下校時より)

土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休み)

土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休み)

Goal きずなはうすの目標設定について

きずなはうすに通ってくれるお子さんには入所時に何か目標を持ってもらいます。「目標」といっても決して難しいものではなく、児童の発達に合わせたものですのでご安心ください。目標設定のために見学の際や、初回ご利用時に簡単なチェックを行い、それを基に計画を立てていきます。

児童一人ひとりに沿った本当に必要な目標をたてます。
  • ・大人の真似ができるようになる
  • ・スプーンやフォークを使えるようになる
  • ・みんなで楽しく踊ることができる
  • ・絵カードを理解できるようになる
  • ・我慢することができるようになる
  • ・自分の感情を相手に伝えることができるようになる
  • ・食卓の用意や後片付けが手伝えるようになる
  • ・トイレでひとりで用がたせるようになる
  • ・簡単な衣服の着脱がひとりでできるようになる
  • ・相手の立場や気持ちを考え困ることや無理な要求をしない
  • ・目上の人には丁寧な言葉をつかえる
  • ・相手の立場を考えて話すことができる

など、児童ごとの特性や発達を踏まえ目標設定をしていきます。

なぜ目標を立てるのか

なぜ目標を立てるのか

「目標」というのは、児童のためでもありますが、それを達成できるように支援する職員の「目標」でもあります。
児童にとっての目標は、職員にとっての目標となり、支援のための礎となります。
目標を持ち、一つひとつクリアすることによって、自尊心が芽生え、自己肯定感が育ちます。

Support きずなはうすはお母さん・お父さんを応援します

子どもは、お母さんの感情をとても敏感に察知します。お母さんが笑顔だと、子どもも笑顔で楽しい一日を過ごせます。
きずなはうすでは、専門家のサポートも受け、悩み相談や預けやすい環境を整えることで、お母さんがお仕事やリフレッシュのために過ごせる時間を増やし、お母さんの子育てを全力でサポートしていきます。

  • 個別対応による相談

  • 学校からご自宅まで送迎します

  • スマホで記録を確認できます。

  • 保護者食事会を毎月開催

  • 土曜・日曜、祝日も対応

  • 防犯カメラを設置

FAQ よくある質問

Q1.障害者手帳や療育手帳は必要ですか?
区役所が発行する通所受給者証があれば、障害者手帳や療育手帳が無くても利用することができます。
Q2.利用前に相談することはできますか?
無料相談会、無料体験の受付をしておりますので、事前にご希望の施設までご連絡ください。
Q3.利用料金以外にも費用はかかりますか?
おやつ代、調理・工作代は無料です。ただし、外出支援時などの施設への入場料などについては実費負担となります。
Q4.利用時間の延長は出来ますか?
可能な範囲で対応させて頂きます。お気軽にご相談ください。
Q5.他の事業所も利用してますが、利用できますか?
ご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。
Q6.兄妹で利用する場合は、料金が倍になるのですか?
いいえ。月額上限負担金額1世帯あたりの金額になりますので、兄弟でご利用されても毎月の負担額は月額上限負担額を超えることはありません。(役所への申請が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください)

KIZUNAHOUSE PRIMO きずなはうす ぷりも(2017.7.1開所)

『小さな一歩(ぷりも)を、大きな自信に!』
大阪市北区にあるきずなはうすぷりもは、発達に特性のある未就学の子どもたちが、『はじめの第一歩』を踏み出す児童発達支援事業所です。
『ぷりも』には「第一歩」「最初の」などの意味があります。社会性や生活能力向上のための訓練や活動を行いながら、心と身体を育むための支援を行います。

主なプログラム

様々な活動・体験を通して、社会性、コミュニケーションスキル(SST)、身体の動かし方、手先の使い方などを身に付けます。

集団活動、個別活動、壁画制作、運動、室内活動、お外遊び、季節のイベント、 外出支援 等

主なプログラム

TENTEN てんてん(2019.9.1開所)

てんてん

『点と点をつなげて、個々のカタチに!』
大阪市北区にあるてんてんは、発達に特性のある未就学の子どもたちを対象とした児童発達支援事業所です。
子どもたちが持っている可能性やスキル(点)をたくさん引き出し、点と点をつなげて、個々に合わせたカタチになるよう支援していきます。

主なプログラム

  • 集団生活をメインとして、生活スキルの向上を目指します。


  • 例)

    〇食事〇

    絵画、創作、音楽などを通して、想像力を豊かにしていきます。その中で、自分を表現する力を養い、五感を活用して、様々な体験・感情に触れ合うことで、身体と心の成長を促します。


  • 〇排泄〇

    お子さまの状況に合わせて、トイレトレーニングも行います。


  • 〇ADL〇 (activities of daily living 日常生活動作)

    靴を履く・手を洗う・歯を磨く・食器を片付ける等の、毎日行う動作を身に着けられるように支援します。


  

KIZUNA GAKUEN LEGON Kids Miyakojima きずな学園レゴンキッズ都島(2019.4.1開所)

レゴンキッズ都島

『自分を知って、生きる力を育む!』
大阪市都島区にあるきずな学園LEGON Kids都島は、発達に特性のある未就学~小学校3年生までの子どもたちを対象とした児童発達支援事業所・放課後等デイサービスです。子どもたちが持っている可能性やスキル(点)をたくさん引き出し、点と点をつなげて、個々に合わせたカタチになるよう支援していきます。 。

主なプログラム

  • 生きていくために必要なソーシャルスキル、コミュニケーションスキルを向上させるための活動を、お子様の「興味」と「特性」に合わせて実施します。


  • 例)

    <ことば>

    口や筋肉の使い方を身に付けるための機能訓練、「ことば」を認識するための言語トレーニングなどを通して、表現の仕方を身に付け、語彙数の増加をはかります。※言語聴覚士による個別療育実施しています。


  • <うんどう>

    バランス運動やストレッチなど身体を動かす訓練を通して、体幹を強化しバランス感覚を整えます。また、運動を通してルールの確認、指示の受け止め方などを身に付けます。


  • <SST/コミュニケーション>

    社会生活をしていくうえでの対人関係や、集団活動を上手に営んでいくための技能訓練を行います。すべてのプログラムはSST(ソーシャルスキルトレーニング)につながりますが、しっかりと確認をしていくための時間を設けます。


  • <芸術>

    絵画、創作、音楽などを通して、想像力を豊かにしていきます。その中で、自分を表現する力を養い、五感を活用して、様々な体験・感情に触れ合うことで、身体と心の成長を促します。

KIZUNA GAKUEN LEGON Kids レゴンキッズ(2014.11.20開所)
きずな学園レゴンキッズ(2018.11.1名称変更)

レゴンキッズ

『子どもたちが、自分らしく過ごせる居場所でありたい!』
「きずな学園レゴンキッズに来たら安心できる。ホッとできる。自分を出せる。」私たちは、そんな場所であり続けたいと考えています。
毎日全力を振り絞って生きてくのは大変なことです。
子どもたち自身が自分の気持ちや内面に目を向け、「自分らしく」生きていける力を身につけていけるよう、お一人おひとりに合わせた支援をさせていただきます。

主なプログラム

  • 運動

    きずな学園の機能訓練室で、ボルタリング・雲梯・マット・平均台等を使って、体幹やバランス感覚を向上させるための療育を行います。同時に、「順番を待つ」「指示を聞く」「声をかけあう」など、多くのことを身に付けることができます。まずは「遊び」の中から、楽しく課題を克服できるプログラムを作成します。

  • 学習

    生活していくうえで必要な基礎学力を身に付けます。学校の宿題をベースに取り組むのもよし!個別のカリキュラムを作って進めていくのもよし!文明の利器の活用法を習得するのもよし!そこから、集中力を維持させること、自分にとって「おもしろい」分野を見つけること、向上心・達成心を身に付けることへと繋げていきます。

  • SST

    SST(ソーシャルスキルトレーニング)は、すべての療育において関連するものですが、最も大切なのは支援方法やコンテンツがお子様お一人おひとりのレベルや好みに合致しているかどうかです。きずな学園レゴンキッズでは、お子様の「やりたい」気持ちを引き出すために、まずは興味のあることを取り入れながら、プログラムを作成します。

    例)言葉と言葉をつなげたり、会話を組み立てたり、言語発達を促すためのパズル療育
    感情や情緒の育みの一環として芸術(絵画や音楽など)療育
    社会でのマナー・ルールを身に付けるための外出支援 等

KIZUNAHOUSE きずなはうす(2014.10.1開所)

『心休まる止まり木であれるように』

「きずなはうす」は、子どもたちが仲間や社会との「つながり」を感じ、安心して働く社会人への階段をのぼっていけるようにするための施設です。小学校高学年から高校生(12才~18才ぐらい)までをメインにサポートを行っています。

主なプログラム

「自分でできることを一つでも増やす」を目標に、児童の特性に合ったプログラムを組み立てます。日常生活訓練や集団適応訓練、創作活動の他にリトミックや外出支援、就労に向けた支援・活動も行います。

主なプログラム

KIZUNA HOUSE NAGARA NISHI きずなはうす長柄西(2019.1.1開所)

『子どもたちとお母さん・お父さんの悩みに寄り添います』

「きずなはうす」は、子どもたちが仲間や社会との「つながり」を感じ、安心して働く社会人への階段をのぼっていけるようにするための施設です。小学校高学年から高校生(12才~18才ぐらい)までをメインにサポートを行っています。

主なプログラム

「自分でできることを一つでも増やす」を目標に、児童の特性に合ったプログラムを組み立てます。日常生活訓練や集団適応訓練、創作活動の他にリトミックや外出支援、就労に向けた支援・活動も行います。

主なプログラム

MANABI まなび(2016.6.1開所)

「まなび」は、一人ひとりに対して公文式学習などを取り入れた「学習」を行うなど、楽しみながら「学べる」環境を提供する施設です。

主なプログラム

創作活動や、公文式学習などの「学習」支援の他にも、日常生活動作を学んだり、集団でのルールを学んだり、本人の特性に合わせてさまざまなスキルを『まなび』ます。

主なプログラム
  

HANAMARU はなまる都島(2017.9.1開所)
はなまる東天満(2018.4.1開所)

芸術、学習、運動だけでなく日常生活からも様々なことに触れ合い経験し、子どもたちが自信を持てる可能性を見つけ生きるチカラを身に着けます。

主なプログラム

外出支援
博物館、動物園、公園などでのびのびとした活動ができます。
お料理教室
簡単な料理から始め、自分たち自身で自炊ができるように支援します。
学習支援
時計や算数、国語など、苦手な科目から得意科目まで反復しながら支援します。

主なプログラム

ASIS (2018.4.2 きずなわーくすJr.開所)
(2018.12.1 ASISへ名称変更 )

ASIS

中高生に特化した「進路支援型」の放課後等デイサービス

お子さんが中学生、高校生になると、療育以外にも将来の進路のことが心配になりますよね。今は保護者の方が見守ることができていても、この先ずっとサポートし続けることはできません。お子さんにとって「自分の足で生きていく力」が必要となります。
そのためにも、中学生や高校生のうちから、将来のことを見据えた支援が必要ではないでしょうか。
ASISでは、そんなお子さんや保護者の方のために、本人の自立や進路(就労・進学)の準備に重点をおいた支援を行っています。

主なプログラム

ASIS(アズイズ)は、中高生のお子さんの「将来の進路を支援する」放課後等デイサービスです。
ただ、中学生や高校生の段階では、まだ将来の夢ややりたいことが決まっていないお子さんも多いでしょう。
実際にいろいろな仕事を体験して、ようやく「これだ!」と思うものに出会える。それが当たり前で自然なことです。
「自分にはどんな仕事が向いているのか。」「自分にはどんな仕事ができるのか。」
まずは、それを見つけることが大切です。そのためにも、いろいろな体験をしてほしい。その想いで、さまざまなジャンルのプログラムをご用意しています。
カメラマンやウェブデザイナー、動画編集などなど…個性的なプログラムも豊富です。お子さんが興味があること、やってみたいことをまず体験していただき、夢への第一歩を歩んでいただきます!

自尊心向上/自己理解、生活力、対人スキル(コミュニケーション)、PCスキル、基本的労働習慣(ビジネスマナー)、Youtube動画編集、ドローン講習、英会話、WEBデザイン&サイト作成、カメラマン講習、フラワーデザイン、等

事業所風景

事業所風景

GOOD FRIENDS Day Care Center GOOD FRIENDS(2019.9.1開所)

GOOD FRIENDS 1
GOOD FRIENDS 2

『その体験が、キミを育てる。』
学んだこと、経験したことが、子供たちの「生きる力」となって、未来につながってほしい。

自ら学び、考え、判断し、行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。
そして明るい未来を、共に創っていきたい。グッドフレンズの療育には、そうした願いが込められています。

主なプログラム

  • <プログラミング教育(タブレット教育)>

    タブレットを使用し、子供たちに必要な三つの柱を育みます。
    ・学びに向かう力、人間性
    ・知識及び技能
    ・思考力、判断力、表現力


  • <学習・運動能力向上プログラム>

    学習プログラム(個別指導学習・宿題補助・etc)
    思考力向上のために読み書きや計算のスキルを先生指導の下、楽しく学んでいきます。

    運動プログラム・リトミック(運動療育・リトミック)
    運動プログラムは体幹を鍛える運動、リトミックは楽しく音楽と触れ合いながら潜在的な基礎能力の発達を促す教育です。


  • <生活・社会性能力向上プログラム>

    生活プログラム(クッキング・創作活動)
    クッキングや創作活動は生活を送っていく上で様々な場面で役に立つことを学びます。

    社会性プログラム(ソーシャルスキルトレーニング・外出支援・etc)
    ソーシャルスキルトレーニングとは社会で人と関わりながら生きるために欠かせないスキルを学ぶ訓練です。
    外出支援は集団行動で公衆道徳を身に付けます。

KIZUNA きずなはうす内本町/きずなはうす総合事業所(2016.3.1開所)

一人一台自由に使えるパソコンがあり、それを使って「好きなことで人の役に立つ」ことを担当の職員と一緒に考える施設です。週に2~3回程度外部講師を招いてスキルアップ研修を行ったり、在宅でできるお仕事もご用意するなど、働く意欲がある人をサポートしていきます。

主なプログラム

官公庁に提出する書類の作成、統計データ入力、資料作成、チラシ・パンフレット制作、画像加工、動画制作、児童デイサービスの補助業務、その他フィールドワーク etc...

主なプログラム

DREAM 就労移行支援 DREAM(2016.8.1開所)

DREAMは、「あなたらしく働く」をモットーにしています。働きたくても働けない方、働ける状態でも人間関係などで憂鬱な気持ちになり仕事に行けない方達を少しでも減らし、DREAMをご利用して頂いた皆様に希望をもって、堂々と輝く日々を送って頂き、「DREAMに来てよかった!」と笑顔で言って頂けることが私たちの幸せです。DREAMにしかできないサービスを提供します。

主なプログラム

働くために必要な知識や能力、スキル等を身につける職業訓練や企業実習の他、基礎体力や集中力・持続力の向上を目指しつつ、職業習慣の確立や身なり・挨拶をはじめとしたビジネスマナーの習得、履歴書や職務経歴書の書き方及び面接サポートなどを行います。

主なプログラム

REWORK CENTER Wings リワークセンターWings(2019.11.1開所)

リワークセンターウイングズ

『得意なことに磨きをかけて強い自信に』
最初にあなたのできること、できないことをはっきりさせるところからスタートします。
弱点にそこが強みであると気づいたとき、人は真に羽ばたけると思いませんか?
あなたの弱みは人とのつながりをつくるチャンスです。
あなたの得意なことに磨きをかけて強い自信にしていきましょう。
自信をもって新しい職場で羽ばたけるようにスタッフ一同全力でサポートさせていただきます。

主なプログラム

  • <保育士養成講座>

    保育を分かりやすく楽しく学ぼうをモット―に、保育士資格取得を目指し勉強したり、保育士という仕事に興味を持ってもらえるよう魅力をお伝えしあなたのます。


  • <プログラマー養成講座>

    小学校で必修化になるなど、身近なものになりつつあるプログラミングは、職種としても需要が高まっています。こうしたニーズに応え、就労に活かせるプログラミングの基礎と技術を学べます。


  • <グラフィックデザイナー養成講座>

    あなたの感性を活かしてデザイナーを目指しませんか?専用ソフトであるIllustratorやPhotoshopの基礎を学んで、ビジュアルデザインの可能性と楽しさを感じていただきます。

               
  • <医療事務・介護事務養成講座>

    基本的な事務業務から診療報酬明細などのレセプト作成のスキルまで、事務に関する知識を身につけられます。

               

KIZUNA 相談支援事業所 きずな(2016.4.1開所) 相談支援事業所 きずな谷町(2019.4.1開所)

専門家として、福祉サービスを利用しようと考えている方々に寄り添い、本人とその家族にとって最良の選択について一緒に考えるのが相談支援事業所です。児童の支援に詳しい職員、学校卒業後の支援についての知識が豊富な職員や、様々な専門家と連携し、「自分らしく安心して暮らせる地域社会の実現」を目指します。

主なプログラム

障がいがある方が就労や生活面での困りごと、福祉サービスを利用する上での計画を作成する「計画相談支援」、障がいがある児童の相談や計画作成をする「障がい児相談支援」、ほかにも地域移行支援や地域定着支援を行います。

主なプログラム
「どこに相談して良いかわからなかった」
「誰にも相談できずに、しんどい日々を過ごしていた」という方はとても多いです。
1人で悩まずに、お気軽にご相談ください。まずは、相談してみることが、第一歩です。

SHIEN KYOUKAI 福祉事業所総合支援協会(2017.11.1開所)

当協会は、福祉事業所運営の適正化に資するための法務・総務(事業拡大支援・運営支援)、労務(助成金、労働保険事務)、税務(公庫融資、会計)に関する専門知識の提供を行い、福祉事業所のサービスおよびスタッフの資質を向上させる啓発教育・研修等を実施し、福祉事業所を総合的に支援しています。皆様と共に歩み、福祉の増進に尽くしてまいります。

経営理念

先駆
社会の要請に応え、福祉の発展に寄与する

経営方針

1.​法令の遵守

当協会に関連する法令等のルールを正しく理解し、諸規程の定期的な見直しや、従業者に対する教育・研修を継続的に行うとともに、公共的・公益的かつ信頼性の高い経営に努めます。

2.サービスの質の向上と人材育成

当協会は、福祉事業所にかかわる人材育成のプロフェッショナルとして、福祉事業の専門知識と技術の向上を図ることによって、当協会全体の組織能力を向上させるとともに、クライアント様のご意向に沿った質の高い人材を育成することができる体制を構築します。

KIZUNA GAKUEN フリースクールきずな学園(2018.4.2開所)

フリースクールきずな学園
きずな学園事業所

フリースクールきずな学園は、大阪市北区に位置し、初等部・中等部・高等部を設置しております。中学生以上を対象としたフリースクールが多い中、小学生のお子様から通えるフリースクールとして喜びの声をいただいております。
何らかの理由で在籍学校で過ごし辛さを感じていらっしゃるお子様や、より自分に合ったペース・スタイルで学びたいお子様に「居場所」「学びの場」「楽しみの場」としてご利用いただくことができます。一緒に「今」を感じ「将来」を考えていけるようサポートします。

高等部は、通信制・単位制 代々木高等学校のキャンパスとなっていますので、高校入学、卒業、その後の進路(進学・留学・就職等)をサポートさせていただきます。現在高校在籍中の方は転校、過去に中退された方も取得済の単位を活かすことができますので、「単位数が足りないから」「出席日数が足りないから」と諦める必要はありません。

また、発達支援コースもあり、学習支援・生活支援・自立支援を行い、特に社会に出てから必要となるコミュニケーションスキルの習得に力を入れています。お一人おひとりに合わせたプログラムをご用意致しますので、発達障がいや特性をお持ちのお子様も、学園生活、高校進学・卒業を諦めることなく自分のペースで進めることが可能です。

私たちは、過去の学校での出席日数やテスト結果のみで人を判断しません。お一人おひとりの希望や適性に合わせて、「好き」や「興味」を見出し、人や社会とのつながりをコーディネートさせていただきます。

自分は自分!人と違っていい!
きずな学園は、
自分らしくいられる
「居場所」です。
自分のペース、スタイルで、
学び、感じ、楽しみ、
生きる力を身につけていきましょう。
きずな学園でお待ちしています!

HAPPY CAREER DESIGN KIZUNA ハッピーキャリアデザインきずな (2019.7.7設立)

ハッピーキャリアデザインきずな

「人生の楽しみ方」「自分らしいキャリアの構築」人生をどのように過ごしていきたいか・・どんなキャリアを形成したいのか。その答えは一人ひとり違います。

一人ひとり違っていて当たり前です。

あなたは今、ご自分のキャリアに納得しているでしょうか?自分らしくありたいと色々道を模索している途中でしょうか?

キャリアをどのように形成していけば良いのか、カウンセリングの中で答えを見つけ出すことが出来るかもしれません。

あなたが持つ「強み」や「弱み」そして「可能性」を一緒に見つけていきましょう!!

~会社概念~
ハッピーキャリアデザインきずなでは、誰もが幸せで豊かな人生を送るために、まずは「どんな仕事が自分に合っているのか?」「自分を活かすことが出来る場所は?」 「自己実現のためには何をすれば良いのか」などについてキャリアコンサルタントと共に考え、 あなたの人生のキャリアをデザインするお手伝いをいたします。